イベント情報

2020.10.17(土) 100箱プロジェクト@あかつき写房

shooting

2020.10.17(土) 100箱プロジェクト@あかつき写房

2020.10.17

100箱プロジェクト

開催日

2020年10月17日(土)

予約枠

完全予約制 限定5組

第1組  10:00 〜 第2組  11:30 〜 第3組  13:00 〜

第4組  15:00 〜 第5組  16:30 〜

撮影時間は90分ほどです

 

場所

あかつき写房 map

参加費

1組 ¥15,000(税別)

 

※必ず、最後までお読みになってからお申し込みください

終了しました

100箱プロジェクトとは

手のひらサイズの箱に入ったガラス湿板写真を100個集めて展示しよう!というあかつき写房の長期プロジェクトの一つです。参加者の方にはガラス湿板写真にお一人で納まってもらいます。2枚撮影し、どちらかお好きな方をお持ち帰り、もう一枚をプロジェクト用に寄付していただきます。湿板写真の準備、撮影、暗室作業、仕上げまで、全てのプロセスを間近にご覧ください。展示する箱と同じ箱に入れてお渡しします。

 

久々に戻ってきたこの企画。今回はNo.17からスタートです!※番号を選ぶことはできません。

湿板写真とは、、

「しっぱんしゃしん」または「しつばんしゃしん」と読みます。幕末から明治にかけて、日本で初めて広まった古典写真技法です。その写真はガラスに像が残る、儚く、美しいものです、、 、詳しく見る

 

写真はイメージです

100箱プロジェクトのルール

① お一人で写っていること。
② 箱の裏に直筆でシリアルナンバーが書いてあること。

の二点です。ご予約は1組あたり一名さまでお願いします。お二人でご予約をご希望の場合は、2組お申し込みください。その場合、一枚のガラスに1名さまずつ写っていただきます。

また、最終的に展示が目的となりますので、ご自身のお写真が公開されることを許可していただける方のみご参加ください。

 

今回の撮影について

今まで100箱プロジェクトは、淳風小学校(KYOTO GRAPHIE)、恵文社、ソラリス、などでイベントを開催してきました。

今回は、あかつき写房のスタジオを使っての撮影です。室内でライティングをしての撮影になります。いつもより、ゆっくりじっくり、暗室作業などが見てもらえるように準備していますので、湿板写真のプロセスに興味がある方にもおすすめです。

箱に入った湿板写真を一個お持ち帰りいただきます。

 

お申し込みから参加までの流れ

1.本ページのご予約ボタンからお申し込みください。info@aka-sha.jpのアドレスから3営業日以内に、予約の確認と事前決済のご案内をお送りします。

2.お支払いの確認ができましたら、ご予約確定です。

3.当日、撮影時間の5分〜10分前くらいにあかつき写房にお越しください。

商品のお渡しについて

後日、あかつき写房の店頭でお渡しします。

第3組 13:00〜 までの撮影をご予約ですと、当日の夕方にお渡しが可能です。ご都合に合わせてご予約ください。

本イベントの商品は発送対応をしておりません。

十分に注意して作業に当たっておりますが、万一トラブルが生じて商品をお渡しできない場合は、全額返金で代償とさせていただきます。

箱に入った湿板写真

箱に入った湿板写真

終了しました

関連イベント

関連よみもの