お問合わせ

あおしゃしん

2019.04.13

category : 未分類

あおしゃしんについて

 

日の光、水の温度、季節、気温、自然の力によって作り出される美しい青。

「日光写真」という写真技法は一つ一つを手作業で行います。この技法は同じものを作ることができません。デジタルカメラやスマホが普及し、写真が沢山撮れる現代では、データはただ蓄積していくのみ。私たちは形として残す大切さ、写真一枚一枚の価値、それらを平面だけでなく様々な形で残します。そして皆さんに、写真をより身近に感じ楽しんでいただくために「写真のある生活」 「身に付ける写真」を提案していきます。

 

 

◎日光写真プロセス

1.クエン酸アンモニウムと赤血塩を混ぜた薬液を作る

2.紙や布を用意。薬液を塗布して乾燥させる

3.用意していたモチーフを薬液が塗られている紙や布にの上に置く

4.太陽の下に置いて感光させ、その後水洗する

5.薬液が塗られていない裏面を見て液が残っていたらそれが落ちるまでよく洗う

6.しっかり乾燥を行い、必要があれば本に挟んで、反りやシワを綺麗にする

 

この技法は太陽から発せられる紫外線を用いたもので、日焼けと同じ原理になります。紫外線なので、曇りの日でも1時間外に置いておくとしっかり青くなり、日差しの強い夏の日だと2〜3分でできてしまいます。とても簡単な日光写真はお子さんが触っても無害な薬品を使用しているので、ワークショップなどにも向いています。

 

 

◎主な活動について

オンラインショップ(カミングスーン)

イベントに出店

ワークショップ

※あかつき写房で一部販売中

 

◎インスタアカウント

@aoshashin2019