写真のある生活を

12.2 8 湿板写真撮影会のご案内

2018.10.27

category : ニュース

こんにちは、店長の本田です。新しいイベントのお知らせです。

12月2日と8日に湿板写真の撮影会をします。

タイトルは

「幕末の技法で150年後に届ける写真 – 湿板写真撮影会 -」

 

この写真は100年前、ではなく今日のお昼に撮影しました。ガラスに焼き付いています。これが湿板写真です。以下、少しうんちくを書きますね。

 


 

教科書で目にする坂本龍馬の写真。
今から約150年前の1967年に、長崎県の上野彦馬のスタジオで撮影されたそうな(撮影者は彦馬の弟子の井上俊三というのが通説)。その写真は湿板写真(しっぱんしゃしん)という技法で撮影されていて、現物はガラス板に直接 焼き付けられたもの。この技法と同じ技法を使って撮影会をします。

 

 

プロセス
コロジオンという溶液を、よく磨いたガラス板の表面に薄くコーティングし、硝酸銀溶液に浸します。こうすることで、このガラス板がいわゆるフィルムにあたるものになります。これを専用のフォルダに入れてカメラにセット!そのあと撮影から現像は、このガラス板が乾くまでに行わないといけません。現像したら、定着、水洗をし、アルコールランプを使って乾燥。最後に表面をニスでコーティングすると完成です。得られるのはネガ像ですが、黒の背景を入れることによってポジ像として鑑賞できます。海外では「Collodion process」や「Wet plate」「Wet collodion process」などと呼ばれています。※ちなみに、現存する龍馬の湿板写真はネガ像に最適に仕上げてあるようです。ガラスのネガから鶏卵紙写真というプリントにしていました。

このプロセスの魅力
1.予定調和でない偶然性
四辺のコロジオンの剥がれ、小さな磨き傷、気温や湿度などによって起こるコントラストや露光量のムラ、被写体ブレなど、デジタルカメラとは全く違った感覚を味わうことができます。

2.一点物である
薬液の調合を変えることでネガ版にもなり(龍馬の写真はネガ版。)、紙などに複製もできますが、あえて一点もののポジ版として出します。唯一無二の瞬間を、この世で一枚のガラスに封印します。

3.像が現れるまでの時間
湿板写真で撮影をしてから像を確認できるまでの時間、、、
約5分から10分。この時間が絶妙です。
スマホ、デジカメ、フィルム写真、チェキなどそれぞれを想像してもらうと、撮影してから像を確認するまでの時間の違いが面白さの違いとも言えます。湿板写真のそれは本当に絶妙です。ぜひ体験してください。古典的な技法なのに、撮影したその日にお持ち帰りできるのもポイントです。

 

4.150年以上の保存に耐える
幕末に坂本龍馬が撮影されて150年以上。今もガラスの像を確認することができます。龍馬の場合、保管状態は極めてよかったと言えると思いますが、今でも、田舎の蔵から像の確認できる湿板写真が発見されるなんてことがあります。また、割れてしまうガラスだからこそ、より大切に扱うという意識を強めてくれます。
今お使いのスマホやPCのハードディスク、ブルーレイは20年後に再生できるのでしょうか、、

さて、こんな湿板写真で、あなたの残したいものは何でしょうか?

 


 

日時

12月2日(日) 9:00〜16:15 ※定員となりました
12月8日(土) 9:00〜16:15 ※定員となりました

価格

記念価格 10,800円 (通常価格50,000円〜)
一日限定 5組様 完全予約制です

09:00〜10:15
10:15〜11:30
12:30〜13:45
13:45〜15:00
15:00〜16:15

場所 あかつき写房 京都市北区小山花ノ木町25

ご予約について
メールかフェイスブックのメッセージに

1.お名前
2.撮影希望日時(日を言ってくださればこちらから時間をご案内します。どうしてもダメな時間や希望時間帯がありましたら事前にお知らせください。予約状況を見て可能な範囲で調整します。)
2.お電話番号
3.撮影したいもの
4.ご希望、ご質問など

を書いて送信してください。お問い合わせだけでも、お気軽にご連絡くださいませ。

先着順にてご予約を承ります。
定員に達しましたら受付終了です。
キャンセルはなるべく早くご連絡ください。

 

⭐︎お願い と 注意事項 (※ご予約前に必ずお読みください!)
今回の撮影会はお試し価格での撮影になります。下記の条件に同意をしていただける方のみご参加ください。
1.あかつき写房サンプルとして写真の寄付。
湿板写真は2枚撮影します。お好きな方を1枚お持ち帰りいただき、もう一枚を当スタジオのサンプルとして寄付をお願いします。スタジオ内やイベントでの展示、告知や宣伝などに使用します。
2.アンケートのご協力
感想やご意見をお聞かせください。
3.撮影画像が全く出ない場合
今回、初めてお客様を時間を決めて撮影します。
よほどのことがない限り、撮影像は現れる予定ですが、万一お渡しできな状態になった場合は全額返金での対応になります。

撮影について
当スタジオ敷地内での撮影です。
シャッタースピードが5秒〜20秒間程になりますので
その時間静止できるものをご用意ください。
物の場合は60×60×60くらいのサイズに収まるものを(それ以上大きい場合はご相談ください)、人物はお一人写しやご家族写真など撮影できます。

 

 

カテゴリー

ニュース

写房日誌