お問合わせ

12/1(日) ガラス湿板写真撮影会その1 @あかつき写房

2019.10.11

category : イベント情報

キャビネサイズガラス(125mm*178mm) でお撮りするガラス湿板写真撮影会です。幕末の技法で撮影する、ご家族写真やポートレートはいかがですか?

2018年の撮影会より

日時 12月1日(日) 
 1組目 10:00〜 
 2組目 13:00〜
 3組目 16:00〜

場所 あかつき写房 京都市北区小山花ノ木町25

価格 25,000円(税別)

お申し込みはこちら

あかつき写房のガラス湿板写真


世界最古の写真技法であるダゲレオタイプと言われる技法の次に普及した技法が湿板写真です。ガラス板を支持体とした湿板写真で得られる像は実はネガ像。露光不足の像を薬液処理で白っぽい色調になるようにし背景に黒を透かして見ることでポジ像として鑑賞できるようになります。仕上がったガラスは複製することも、プリントすることもできない、唯一無二の一枚です。私たちの扱う技法はアンブロタイプといいます。

ガラス湿板写真のプロセス

暗室で薬液を塗布しているところ


まずは暗室で薬剤にガラスを浸し、化学反応を起こして感光性のあるガラスフィルムをつくります。液が乾かないうちに撮影から現像までの工程を行う事から、湿った板と書いて「湿板写真(しつばんしゃしん または しっぱんしゃしん)」とい呼ばれています。撮影会では、プロセスの一部始終をご覧いただきます。

撮影について

撮影で使用するカメラ。場所は当スタジオではありません。

当スタジオ敷地内での撮影になります。シャッターは手動。
約4秒〜20秒間ほど静止していただきます。あの有名な坂本龍馬の写真は約15秒〜20秒間静止して撮影したと言われています。

注意事項など


先着順にてご予約を承ります。
定員に達しましたら受付終了です。
キャンセルされる場合は、なるべく早くお申し出くださいますようお願いします。

お申し込みはこちら

関連記事

1 ガラス湿板写真① 幕末 明治維新の撮影技法を始めます

2 ガラス湿板写真②  ちょっとスピリチュアルなお話

3 ガラス湿板写真③ 撮影会レポ

4 京都国際写真祭 ( KYOTOGRAPHIE ) 2019 ワークショップまとめ

5 湿板写真を次の150年に届けるプロジェクト

**あかつき写房湿板写真のサービスはこちらから**