お問合わせ

10/13 (日)-15(火) ケイブンシャcottage 古典暗室化計画!!

2019.09.11

category : イベント情報

湿板写真のことを知ってもらうための展示&イベントを 10/13 (日) から 10/15(火)の3日間ケイブンシャcottageにておこないます。

ケイブンシャcottageを暗室に!会場の電気を消して、部屋全体を大きな暗室にします。参加者の皆さんにはその暗室の中に入ってもらい、古典写真技法の湿板写真を体験をしていただけます。特別プログラムでは実際に湿板写真の撮影をおこないます。ご興味のある方は下記の詳細をご覧になって、フォームよりご予約をお願いします。

※下記の詳細をお読みになってからご予約をお願いします。

古典暗室化計画!!撮影デモ 」のご予約フォーム

100箱プロジェクトの詳細&ご予約フォーム

Facebookのイベントページで、追記情報を更新中!!!

☆ 3日間のスケジュール (特別プログラムは予約制です)

常設展示 – 10/13(日)〜15(火)

ガラス湿板写真、湿板写真の道具、蛇腹カメラ、高解像度スキャンデータの展示など

※特別プログラム「ケイブンシャcottage古典暗室化計画!!」中と「100箱プロジェクト」の一部の時間は会場全体を暗室にするため出入りができません。展示時間 10:00 – 21:00 最終日は19:30まで。

特別プログラム – 10/13 (日)

11:00〜11:30 「古典暗室化計画!!」撮影デモ 第1回
14:00〜14:30 「古典暗室化計画!!」撮影デモ 第2回
16:30〜18:30  「100箱プロジェクト No.11」

特別プログラム – 10/14 (月)

11:00〜11:30 「古典暗室化計画!!」撮影デモ 第3回
14:00〜14:30  「古典暗室化計画!!」撮影デモ 第4回
16:30〜18:30  「100箱プロジェクト No.12」

特別プログラム – 10/15 (火)

11:00〜11:30 「ケイブンシャcottage古典暗室化計画!!」撮影デモ 第5回
14:00〜16:30 「100箱プロジェクト No.13」

✴︎特別プログラム1 詳細
[古典暗室化計画!撮影デモンストレーション]


大きな暗室と化したcottageのなかで、湿板写真の撮影デモンストレーションをおこないます。普段は目にすることができない暗闇の中でのプロセス。解説を交えて暗室の中をご覧いただきます。シャッタースピードは5秒?10秒?
湿板写真の被写体は、希望者の中から1組、抽選で決定します。撮影したガラスはその後の展示のため、あかつき写房に寄付していただきますが、後日スキャンしたデータをプレゼントします。

開催日時
第1回 10/13 11:0011:30
第2回 10/13 14:0014:30
第3回 10/14 11:0011:30
第4回 10/14 14:0014:30
第5回 10/15 11:0011:30 

場所
ケイブンシャcottage

参加費
500円(税込) ご予約の方を優先的にご案内します

※デモンストレーション中は部屋全体を暗室にして作業をするため途中入場できません。時間に余裕をもっていらしてください。

古典暗室化計画!!撮影デモ 」のご予約フォームはこちら

✴︎特別プログラム2 詳細
[100箱プロジェクトNo.11〜]


100箱プロジェクトはあかつき写房の不定期開催のプロジェクトです。手のひらサイズの箱に人物が写った湿板写真を入れたものを100個集めて展示しよう!という長期プロジェクト。参加ご予約いただいたあなたが被写体です。ガラス湿板写真を2枚撮影し、お好きな方をお持ち帰りいただき、もう一枚をプロジェクト用に寄付していただきます。自分一人で写った湿板写真が欲しいという方、ご自身の湿板写真のポートレートが欲しい方、誰よりも間近で湿板写真を体験したいという方におすすめです。

2019.5 淳風小学校にて撮影

開催日時
No.11 10/13 16:30〜 ご予約済みです
No.12 10/14 16:30〜 ご予約可
No.13 10/15 14:00〜 ご予約済みです
※各回の所要時間約2時間ほど

場所
ケイブンシャcottage

参加費
12,000円(税込) 完全予約制 限定3人

※各回お一人のご予約です。写真にはお一人で写っていただきます。

100箱プロジェクトの詳細&ご予約はこちら

●湿板写真とは、、、

フィルムではなくガラスに像を残します。今から約150年前に日本で広まりました。使用するカメラとレンズはとても大きくて重いものでした。暗室の中で準備や現像などの作業をしていました。坂本龍馬の写真を撮った技法です。撮影時には、しばらく静止しなければなりませんでした。数時間で仕上げることができました。。。
というようなものです。150年前といえば、まだお侍さんが街を歩いていた時代。当時、お侍さんや龍馬がしたかもしれない、古(いにしえ)の写真体験をご覧いただけます。一人でも多くの方に湿板写真が届きますように。

2018年撮影

関連記事

1 ガラス湿板写真① 幕末 明治維新の撮影技法を始めます

2 ガラス湿板写真②  ちょっとスピリチュアルなお話

3 ガラス湿板写真③ 撮影会レポ

4 京都国際写真祭 ( KYOTOGRAPHIE ) 2019 ワークショップまとめ

5 湿板写真を次の150年に届けるプロジェクト

**あかつき写房湿板写真のサービスはこちらから**