写真のある生活を

暗室はじめました

2017.11.21

category : 写房日誌

フィルムからデジタルになり、手直しがきく綺麗な写真が大量にコストをかけず手に入るようになりました。僕たちは仕事でデジタルカメラを使います。数え切れないくらいシャッターを切ることができるのも、デジタルになった恩恵です。

その中でなんとなく浮かんできた「デジタルになって無くなったのは手間だけなのか?」という疑問。

その答えを探すためには原点回帰をするしかない!

ということで自宅の押入れを改造して暗室を作っちゃいました。これでモノクロ写真をおうちで手焼きしまくりです(お金が無限にあれば)。

カテゴリー

ニュース

写房日誌